「激変星PU CMa の測光観測」

 2009年11月25日、岡山理科大学の田邉教授からPU CMa 増光の
連絡が入った。同日より測光観測を始めて、スーパーハンプをとらえることが
できた。

観測に使用した機材
望遠鏡 Celestron C11 280mm F10 + Celestron f6.3レデューサー使用
冷却CCDカメラ  SBIG ST9-XEI -20℃  45秒露光

PU CMa

































比較星
C1= C2=









































































































































































































































































H.Akazawa

戻る