天候の関係でボツにした観測結果
短周期食連星のライトカーブ     更新(2011.12.10) 
天候の関係でボツにした観測結果を並べてみました。
食の部分で少し気になるところがあります。


FZ Ori  2011/12/09
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC0119-0361(10.37) C2=GSC0119-0263(12.1)

























ER Ori  2011/12/09
Meade LX200 D=200mm F6.3 + SBIG ST9-XE Rc-filter
C1=GSC5330-0364(9.27) C2=GSC5330-1374(10.50)

























RZ Tau  2011/12/04-06
Meade LX200 D=200mm F6.3 + SBIG ST9-XE Rc-filter
C1=GSC1270-0096(8.32) C2=GSC1274-1521(9.05)

V-C1のばらつきがそのまま残っています。さらに、低空でのC2-C1が
大きくずれていく様子も分かります。
























RZ Tau  2011/12/06
Meade LX200 D=200mm F6.3 + SBIG ST9-XE Rc-filter
C1=GSC1270-0096(8.32) C2=GSC1274-1521(9.05)
























RZ Tau  2011/12/05
Meade LX200 D=200mm F6.3 + SBIG ST9-XE Rc-filter
C1=GSC1270-0096(8.32) C2=GSC1274-1521(9.05)
























AH Tau  2011/12/04&06
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC1804-2332(10.42) C2=GSC1804-2485(11.6)

位相0.2あたりでのズレは、4日の低空のデータと6日の透明度の影響だと思います。
位相0.6あたりのずれは。6日の透明度の影響だと思われます。
























AH Tau  2011/12/06
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC1804-2332(10.42) C2=GSC1804-2485(11.6)
























CF Tau  2011/11/29
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC1814-0008(10.9)  C2=GSC1814-0114(11.8)
























AB And  2011/10/31
Meade LX200 D=200mm F10 + SBIG ST9-XE no-filter
C1=GSC2763-0735(9.44) C2=GSC2763-0313(8.34)
食の底がなぜかきれいに歪んでいます。
























GZ And  2011/11/08
Meade LX200 D=200mm F10 + SBIG ST9-XE no-filter
C1=GSC2842-0919(9.74)  C2=GSC2842-1459(11.6)
食の底が平らになっています。
























GZ And  2011/11/12
Meade LX200 D=200mm F10 + SBIG ST9-XE no-filter
C1=GSC2842-0919(9.74)  C2=GSC2842-1459(11.6)
上の11/08のグラフと比べると、食の底の形が異なります。
























GZ And  2011/11/13
Meade LX200 D=200mm F10 + SBIG ST9-XE no-filter
C1=GSC2842-0919(9.74)  C2=GSC2842-1459(11.6)
天気が悪く話になりませんが、C2-C1が大きくカーブしています。
タイトルにはC11とありますが、LX200の誤りです。























V523 Cas  2011/11/13
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC3257-1326(10.9) C2=GSC3257-1068(11.2)
天候の関係で削除したデータが多く、何とも言えませんが、
食の底の形に注目です。
























V1128 Tau  2011/11/22
Meade LX200 D=200mm F6.3 + SBIG ST9-XE Rc-filter
C1=GSC0664-0387(9.82)  C2=GSC0664-0783(10.06)
























RW Gem  2011/11/26  
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC1864-1164(8.73)  C2=GSC1864-1948(10.2)






















VW Cep  2011/11/08  
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC4585-2167(10.26)  C2=GSC4585-2387(10.24)
この星は皆既をおこすのでしょうか。
























VW Cep  2011/11/12
Celestrin C11 D=280mm F10 + SBIG ST9-XEi no-filter
C1=GSC4585-2167(10.26)  C2=GSC4585-2387(10.24)
こちらは副極小のようです。
























いずれにしても条件の良い時の観測を増やして検討したいと思います。